トップイメージ

通常、任意保険とは強制保険の自賠責保険とは違い自賠責保険では補うことが難しい補償が可能になる必要性の高いものです。77-20-56

この任意の保険という保険は自賠責保険の上乗せとして有用なものですので、自動車損害賠償責任保険の限度額を上回った場合に登場します。77-10-56

また、自賠責保険だけでは物に対する損害に対しては補償が受けられないので、そこまで補うのであれば任意保険にも加入しておくことをお勧めします。77-13-56

既に任意保険を納めている愛車を売却する際は日本の車や海外の車ということは関係なく残存金額が戻ってきます。77-8-56

これは国産メーカーの車を査定に出す場合でも同じことが言えます。77-16-56

自動車損害賠償責任保険の場合、通常そのままにしておくのが常識になっていますが任意保険の場合、皆が加入する保険ではないので解約ということになります。77-5-56

また、任意保険を解約後は既に 支払い済みの残金が返還されるのです。77-9-56

クルマの買取が成立したとしてもすぐさま保険を中途解約することは危険です。77-14-56

もちろん即契約解除してしまえばそれだけ返還される保険料は上がりますが車買取店が離れた場所にあって、自分で運転していくことになったケースでは任意保険に加入していない状態で自動車の運転をするはめになります。77-4-56

もしもの時を考慮して、絶対今後自分が運転をすることはないと言い切れるまで任意保険の契約のキャンセルはすることがないようにしましょう。77-15-56

車を売却してすぐに新しい車種に乗り換えるのならば構わないと思いますが、もし長い間車の運転をしない状況が続き任意保険に加入している必要がなくなってしまったら任意保険に加入していない時がある場合以前に継続していた等級が下がり、保険料の額が上がります。

この場合では「中断証明書」というものを発行してもらうようにしなくてはいけません。

この「中断証明書」があれば一定期間、契約解除前の任意保険の等級を引き継いで加入することができます。

これは、13ヶ月以内は発行することができるので、もし今現在で中古車を売却済みで、「中断証明書」を出してもらっていない場合は、その代理店にその旨を伝えるようにしましょう。

仮に他の車を買うことになって買ったのちに前に保有していた車を買い取りしてもらうのでしたら、任意保険の契約はどちらか一方のみとなります。

更新という処理になるため運転をする予定の車の場合は買取の際までこのことを頭に入れておかなければなりません。

そして、任意保険というのは自動車車両により金額がだいぶ違ってくるので、車買取のさいは任意保険の内容を見直すチャンスにもなります。

サイトMENU

Copyright © 1998 www.getlasik.org All Rights Reserved.