トップイメージ

カードローンといったものをすることになると、定期に指定の日時に銀行口座などから自動の引き落としで返済がされていくはずです。

テレビCMなどで機械でいつだって支払というのができるというように言及されているのですがそれは月々の支払いとは別で返済する事例のことを言及しています。

かかる弁済を、繰上返済と言うのですが、残額総額を引き落しものを総額一括支払、一部分を支払いしてしまう引き落しを一部金繰り上げ支払いと呼んでいます。

説明すると一時収入等でお金に物理的余裕というのが実在際は、ATMなどや口座送金により、一部分または総額に関してを弁済するということが可能になっているのです。

そしてこうしたことの他にも一括返済には利益というのが数多くあり、欠点というのは見当たりません。

これらの利点とは、別口で支払いする事により、借入全体についてを減額するというようなことを出来るので支払回数が短くなるので利息についても低減することができ支払い総額そのものを低減できますので一石二鳥の返済方式となるのです。

ですが意見しておきたいのはどんなとき繰上支払するかという点です。

金融機関は弁済回数と別の締め日がというようなものがあったりするのです。

例をあげると15日が締めであったとしまして次の月10日の返済としますと、月中以降については次の月分の利子というようなものを合算した返済金額が確定してしまいます。

これは、月中以降繰り上げ返済しましても、次の月の返済金額が決定してますので、その期間に早期支払いした場合でも翌月分の支払分に対してはちっとも反映というものがありません。

だから繰上弁済といったようなものが即刻効果を表象するようにするには、支払日の翌日から次回の〆め日の来る前までの期間に繰上弁済する必要があります。

しかしながらそうした時の金利の差引というのはすこぶる小さいものです。

そのくらい念頭にないといった方は、適時自由に前倒し返済するといいでしょう。

しかしわずかでも小さくしたいと希望する人は支払い期日から〆までの間に繰上支払いした方がよいでしょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.getlasik.org All Rights Reserved.