トップイメージ

ローンなどの支払い方法というものは、カード会社各個でだいぶ差異がありまして、いろいなやり方が採用されています。ブライダルエステ 浜松

類型的には残高スライド法やリボ方式などが選ばれているようです。ライザップ水戸

そしてこうした誰しも知っているリボ払いでも実を言えば算定法にいろいな種別があります。ズキラック

それ故そういう種類によって支払トータルが変わってしまうわけですので知っておいて負担になることはないでしょう。脇の黒ずみ

ではやさしく両者の手法の違いに関して説明しましょう。アトピー 保湿剤

一つ目は元金均等払いというもので、もう一つは元利均等払いです。

それぞれその名を冠する通り元本について一様に払っていくというのと元金と金利をあわせて均一に返済していこうという形式です。

この場ではもしや10万円を借り入れたというふうに、実際のところどんなような勘定をするかやってみます。

金利に関しては双方とも15%と仮定して計算します。

それからリボ払の引き落としは1万円というふうに計算します。

先ずは元金均等払いのほうからいきましょう。

かような時の1度目の支払いは1万円へ金利分の1250円を加算した返済額となります。

2回目の返済は1万円に金利1125円を計上した額になるのです。

こういうようにして10回で支払を終了させると言う様式になります。

これに対して元利均等払いというのは最初の支払については1万円ですが元金に8750円利率に1250円と言う具合に割り振りをします。

次の支払については元本が8750円へと減少した状態にて利率を算定して、その1万円から再度割り振るのです。

要するに、元利均等払いの事例は10回で支払いが終わらない勘定になるのです。

これだけのギャップで両者がどのくらい相違しているか分かって頂けたことと思います。

元利均等というのは元金均等と比べて明瞭にもと金が減少するのが遅いというような難といったものがあります。

すなわち利率といったものをおおく出すという状況になるわけです。

一方で初回の返済が少額で済むといった利点というものもあったりするのです。

こうした引き落し方法に関する違いに呼応して返済トータルというものは異なってきますのでご自分の返済計画に合った使用法を取るようにしてみてください。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.getlasik.org All Rights Reserved.