トップイメージ

ショップでどれもの契約カードが決済可能なわけではありません。メディブレイク

■クレジットカード会社の加盟店は、二、三以上のクレジットカードの会社とライセンスを結んでいますが、残念なことにどれもの加盟店舗で全ての会社の決済可能なのでもありません。顔のシミ取り

例をあげていうと以前からあるお店の際にはJCBの付いているそのクレカしか使えない場合もあるし最近のショップだったりするとビザとかマスターのマークの書いたもののみしか決済できないときもあるでしょう。すっぽん小町 口コミ

銀聯カードに類するクレジットカードの場合にはさらに使えない場所が増えるでしょう。結婚式場 見学 予約

どのロゴの所有クレカが使えるかいかに判断するといいか「じゃあどのようにして何のロゴの所有クレカが切れるかを判断したらいいか?」という質問ですが、正しくチェックするにはお店の方に問い合わせてみるしかないというのが実はその答えです。交通事故 示談 いつ

ただ大体の売り場やフードコートにはその分かりやすいところとかに決済可能なカードの案内が書かれた加盟シールが付けられているんで、「なるほど、ここのショップはアメリカンエキスプレスカードが切れるのね」といった感じで分かりやすいようになってるため確認してください。

反対に、しっかりと案内が行き届いていない加入店舗で決済する場合にはロゴシールが貼り付けられている場合でも「ここではお持ちのクレカはご使用いただけません」という答えをされる場合もないともいえず、頭が真っ白になってしまう状況に出くわしかねません。

そこで、できる限り全部の加盟店舗でクレジットカードが決済できるようにするためにも異なるブランド(国際印)が書かれている一般的なアメリカンエキスプレスカード、ライフカード、というようなクレカを複数枚持つようにお勧めします(例として:セゾンカードを持っているならもう一方はアメリカンエキスプレスカード付きのカードを契約するなど)。

とりわけ日本においてはVISA、マスターカード、JCBの3つのカード会社が入ったクレカをいつも使っていれば、おおむねほとんどの契約店で3枚のうち少なくとも1枚のカードを差し出すよう準備万端というわけです。

クレジットカードを使いこなして効率的に節約を目指すためには早いうちに少なくともこの3枚のカードを使えるようにしておいていただくことをお勧めします。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.getlasik.org All Rights Reserved.